洗顔後のスキンケア方法は?

ピュアルピエ

ニキビが発生するメカニズム・・・それは、分泌された皮脂などが毛穴に詰まり、アクネ菌が繁殖することにあります。

 

ですから、ニキビの発生を防ぐためには皮脂の分泌を抑え、毛穴詰まりを防ぐことが最も重要な事となります。

 

しかし、ニキビの原因となってしまう皮脂が分泌されるのは一体なぜなのでしょうか?

 

それは、実はお肌の水分量が足りないことで起こる、お肌の自己防衛機能によるんですね。

 

つまり、お肌が乾燥してしまっているから皮脂を分泌して守ろうとしているわけです。
しかし、大量に分泌されてしまった皮脂は毛穴詰まりを起こしてしまいがちです。

 

そうすると、詰まった皮脂をエサに、アクネ菌がどんどんと増殖していってしまい、ニキビの炎症が起こってしまうんですね。

 

・・・ということで、勘の良い方はここまで読んで、ニキビが発生する原因は「乾燥」だということがお分かりになっているのではないでしょうか。

 

そして、乾燥が最も発生しやすいときといえば・・・そうです、洗顔のあとですよね。

 

ですから、洗顔後のスキンケアこそがニキビを予防するのには最も重要な事となるんです。

 

もちろん、もとから乾燥肌の方も居れば脂性肌の方も居ますが、結局はお肌の乾燥が皮脂を分泌させるわけですから、どちらの場合も同じように対応するようにしましょう。

 

洗顔は丁寧に!

当然ですが、洗顔は丁寧に行う必要があります。
ここでいう丁寧とは、しっかりと洗う事はもちろんなのですが、ゴシゴシと擦りすぎないことや、すすぎをしっかりと行う事も含まれています。
洗顔料はしっかりと泡立て、泡でお肌をなでるように優しく洗う事がコツです。
また、すすぎに使用する水は、人肌程度のぬるま湯がベストです。
そして、とにかくすすぎをしつこいくらいしっかりと行うことが重要です。
洗顔料の残留成分はアクネ菌のエサとなりやすいので、洗顔3割、すすぎ7割くらいの意識で行いましょう。

 

化粧水だけ・・・はNG!

良くある洗顔後のケア方法として、「自分は脂性肌だから化粧水だけ・・・」と言う方がいらっしゃいます。
しかし、上でも述べたとおり、お肌がオイリーになる原因は乾燥なんですね。
ですから、実は洗顔後の段階できちんと保湿をすることが重要なんです。
という訳で、洗顔後は化粧水だけではなく、乳液のような油分も使うようにしましょう。

 

もちろん、ベトつきが酷い方の場合には、サラッとしたタイプの乳液を使ってもOKです。
どちらにしても保湿を行う事は前提で、サラサラタイプかしっとりタイプかについては好みや肌質で変えるようにしましょう。

 

ピュアルピエ